私がおすすめしたいコツを一括して記載。最終的には患者の判断の情報です。

目指せ健康な歯ガイド

最終的には患者の判断

歯科医が用意した選択肢とアドバイスを受けて、どこまでの治療をするかを決めていくのは患者自身です。患者にも様々な困惑があります。仕事が忙しくてじっくり治療することができない、高い費用をかけることができない、仕事上治療をしていることを見せられない・・・。そんな場合は、今やっておくべき治療(今最も必要な治療)を優先させて、それ以外は数年後に続きを始めるなどしてきます。患者と歯科医が本音で話し合いながら妥協点を見いだすことがトータルな治療においても重要なことなのです。歯科医も患者にできる限り負担を負わせたくはありません。また、治療を始める上で、デメリットもきちんと知っておくことが大切です。デメリットを知ることにより、想定されるリスクを理解しできる限りリスクを回避する治療法を選択できるのです。例えば、矯正治療中はブレースを常に装着していなければいけないため、歯が磨きづらくなってむし歯や歯周病のリスクが高まります。また、ありがちなことですが、磨きにくいからと強い力でブラッシングをすると歯肉にダメージがおよび、さらなる歯の病気を引き起こします。それに、包括的な治療を受けるために多くの費用や時間がかかることもデメリットの一つですね。治療の最終目的は、あくまで、よく噛める歯に治し、キレイな歯並び・口もとを長持ちさせることです。そのためには、メリットとデメリットの両方をよく理解し、なぜ歯列が崩れてきたのか、歯周病とはどういう病気でどういうリスクがありどうすれば防げるかという根本的な部分を理解しておくことが大切なのです

まず忘れてはならない必須知識を自分の経験も踏まえながら説明するように心がけました。