私がおすすめしたいコツを一括して記載。連携医療・包括的歯科治療の必要性の情報です。

目指せ健康な歯ガイド

連携医療・包括的歯科治療の必要性

矯正治療を行うにあたって必要になるのが、連携医療と呼ばれるもの。連携医療とは、矯正歯科以外の歯科医(例えば一般歯科医や口腔外科医)と連結して患者さんの治療を進めることを言います。なぜこのようなことが必要になるのでしょうか。矯正治療は「歯並びをきれいにしたい」と思って来院する患者さんがほとんど。しかし、歯並びをきれいにするのに、矯正歯科の範囲内でできるものとそうでないものがあります。例えば重度の受け口の場合はあごの骨格を変形しなければいけないため口腔外科医の治療が必要になります。また、虫歯や歯周病がひどい場合はまずは一般歯科医で治療を行い完治してから矯正歯科治療を行うことになります。矯正治療を行いに行ったのに他の科を紹介されたと違和感を感じる方もいつかもしれませんが、連携治療は各分野のスペシャリストがそれぞれの強みを最大限生かして治療を行う方法ですので、安心して主治医の指示に従ってください。

おススメの実践方法をテキスト量にこだわって記事にしてみました。

おススメの実践方法を隅々まで気を配りながら解説しています。